加藤清澄(かとう きよすみ)

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

一時期よりスリリングな世界を求めて空手を止め用心棒として極道の世界に身を投じていた。しかし加藤のあくなき戦闘意欲は極道の世界でも満足させる事が出来ず数年後に再び神心会空手の門を叩くことになる。極道の世界でも名を轟かせるほどに武闘家として優れており、神心会の中でも愚地父子を除けば最強の実力者だった。

最大トーナメントへの出場したものの一回戦でリザーバーとして用意された夜叉猿と対戦。範馬刃牙が四年前に倒した夜叉猿(正確にはその子ども)に全く歯が立たず敗北してしまった。

基本情報

  • 年齢:25歳前後(推測)
  • 身長:180cm(推測)
  • 体重:75kg前後(推測)
  • 国籍:日本

戦闘スタイル

基本的な戦闘スタイルは空手だが数年間、闇社会で用心棒をやっていただけあって暗器の使用にも長けている。そのダーティーな戦闘スタイルは実力で勝る愚地克巳(おろちかつみ)でさえも賞賛しており一時、自分の師匠とまで呼んでいた。

人間関係

本部門下の花田純一(はなだじゅんいち)や同じ神心会空手に属する末堂厚(すえどうあつし)と仲が良い。また最大トーナメントでは試合中しばしば刃牙と話しをしていた。

師匠である愚地独歩(おろちどっぽ)からは素行などを数えきれないほど叱られてきたが、その分子弟関係は強固なものとなっている。

ステータス・チャート

加藤清澄 ステータス

  • 身体能力
  • 6点。それなりに体格も良く運動神経も高い。ただしそれだけで戦いに勝てるほどではない。

  • 経験
  • 7点。常に真剣勝負を求める人間であり、何でもありの戦いにはかなり慣れている。実力でははるかに勝るドリアンに対しても格闘経験を頼りに善戦した。

  • 知識
  • 3点。どう見ても頭が悪そうな顔をしている。

  • 性格
  • 8点。一匹狼な部分もあるが、その反面明るい性格で誰に対しても物怖じせず話しかけるタイプである。作中の登場人物の中でも案外交流が広い人物の一人である。

  • 戦闘技術
  • 6点。本部をして「格闘技の大天才」と言わしめる花田や末堂クラスよりは上だが、それ以上の使い手と比べるとかなり開きがある印象。ダーティーな戦闘技術を加算しても平均より少し上といったところか。

  • 分析能力
  • 4点。戦闘経験が豊富な分それなりに分析能力も培ってきているだろうが、初めて刃牙を見たときその強さを理解できていなかった。またドリアンの戦闘力に関しても大きく誤解していた。

スポンサード リンク

シェアして頂けると嬉しいです

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事を面白いと思って頂けたましたら、是非ソーシャルネットワークでシェアしてください。シェアして頂けると管理人が喜びます。