サムワン海王

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

数少ない外国人の海王。タイ出身で中国拳法とムエタイを修めている。幼いころ巨大なコブラと遊んでいたところを中国拳法の師に目撃され、そのまま訓練を受けることになった。長身に長い手足と恵まれた体格をしており、若き日の郭海皇(かくかいおう)と同様に力とスピードこそが武闘家として最も重要なもので理合などまやかしだと考えている。

大擂台賽では一回戦で郭海皇と対戦した。試合開始直後、トランクスを脱がされ睾丸をデコピンされてKOとなった。理合うんぬんの前に負けてしまったため、真の理合を見ることすら叶わなかった。

続きを読む

郭海皇(かく かいおう)

この記事を読むのに必要な時間の目安: 4分ぐらい

中国拳法の頂点に立つ人物。100年に一度行われる大擂台賽の前回優勝者でもある。その時優勝した際は筋骨隆々のファイターで力のみを信仰しており、理合という概念を完全に否定していた。しかし大擂台賽優勝後、理合を否定するために数多の道場破りをしていた最中に真の理合使いに遭遇。60歳を超す老人相手になす術なく破れたのをきっかけに、それまでの戦闘スタイルを捨てて理合を手に入れるため修行に没頭する。

齢90を超えた頃ようやく真の理合いを手にし力に頼らずとも巨漢を簡単に倒せるようになった。

ただしこの人の本当に凄いところは武術の腕ではなく、人間の限界(寿命)と言われる125歳を遥かに超えているにも関わらず生きているという所である。一体この漫画の中での世界最高齢の方は何歳なのだろうか?

基本情報

  • 年齢:146歳
  • 身長:155cm前後
  • 体重:40kg前後(推測)
  • 国籍:中国

戦闘スタイル

前述の通り理合使いである。その中でも消力(シャオリー)という技を基本的な技法として用いており、郭海皇の理合の中心となっている。消力(シャオリー)は基本的には守りの技術だがこれを攻撃技としても応用しており、勇次郎ですら退くほどの威力になっている。

理合を極めた郭海皇に言わせれば「肝心なのは必要な時に必要な速度と力を発揮する事。完璧なタイミングを手中にしているのであれば速度すら必要ない」らしい。

ただ消力(シャオリー)よりも、同じ理合使いである渋川剛気(しぶかわごうき)の合気のほうが便利なような気がしてならない。

人間関係

全ての海王の頂点に立つ海皇と言うだけあって国内では大人気。大擂台賽の際も大勢のマスコミが集まり取材が行われていた。同じ中国拳法家としては烈海王と親しいようで、恐らく拳雄と呼ばれる烈海王を自分の後継にと考えているのだろう。

ステータス・チャート

郭海皇 ステータス

  • 身体能力
  • 7点。見た目はただのおじいさんである。おわんと箸にすら重さを感じるほどの筋力で普段は車椅子に乗って生活している。ただいざ戦闘になると俊敏な動きを披露している所を見るとそれなりに身体能力を維持しているようだ。

  • 経験
  • 10点。何といってもキャリア100年以上の武闘家である。地球上でこの人よりも戦闘経験が豊富な生物はいないだろう。

  • 知識
  • 10点。亀の功より年の功。長く生きているだけあって武術の知識にも長けている。愚地克巳(おろちかつみ)に技を伝授するため来日した際は烈海王ですら知らなかった技を克巳に授けていた。

  • 性格
  • 4点。普段は人格者のふりをしているが気にくわないことがあれば容赦なく攻撃を加える。大擂台賽で海王が立て続けに負けたことに腹を立てて、武術省の人間の手を切り落としていた。一方で機嫌が良い時はひょっこり現れてレアな技を伝授してくれる。

  • 戦闘技術
  • 10点。極めている。郭海皇の用いる消力(シャオリー)を見た烈海王は「あの技を使うにしては今の私は若すぎる」と言っており、その戦闘技術の高さに感嘆していた。

  • 発想力
  • 9点。範馬勇次郎のパンチを受けて絶命しそうになった時、とっさの判断で擬態死を行い難を逃れた。さすがに幾多の死線をくぐって来ただけあって凌ぎの発想が違う。

龍書文(ろん しょぶん)

この記事を読むのに必要な時間の目安: 4分ぐらい

大擂台賽における海王勢の不甲斐なさに憤りを感じた郭海皇によって急遽チームメンバーとして召集された人物。日頃から郭海皇とは交流があるようで、海王の称号こそもっていないがその実力は並の海王を遥かに上回る。15歳から19歳まで出場した全台湾擂台賽で全て優勝しその後、台湾黒社会から格闘しとしてスカウトされ、以来ルールなしの地下試合で25年間無敗を誇った。

つまり15歳以降、人前でやる試合では一度も敗れておらず事実上「生涯無敗」の使い手だと言える。大擂台賽でのチーム戦では先鋒を努めビスケット=オリバと対戦した。

オリバと同じく「Mr.不可拘束(ミスター・アンチェイン)」との異名を持っており、真のアンチェインを決める勝負でもあった。

続きを読む

ドリアン海王

この記事を読むのに必要な時間の目安: 5分ぐらい

5人の最凶死刑囚の一人。他の死刑囚と同様「敗北を知りたい」として脱獄し日本にやって来た。実はかつて中国の白林寺(烈海王と同じ)で中国拳法を修めており、その際に欧米人として初めて海王の称号を得た。

烈海王がまだ若く、海王の称号を得ていなかった時(烈永周と名乗っていた)師匠である劉海王に対して「自分に海王の称号を与えないのは素行が乱暴だからか」と詰め寄った際、かつてドリアンが素手で岩山に穴を空けた跡を見せて海王たる者に必要な実力を教えた。

ドリアンが日本に来て烈海王と対面した際、その正体に気が付いた烈海王は一礼して先達に対して敬意を払っていた。

ちなみにアニメ版『グラップラー刃牙』では烈永周に海王の称号を与えるよう推薦した場面が描かれている。

続きを読む

マホメド=アライ

この記事を読むのに必要な時間の目安: 4分ぐらい

20世紀最強のボクサーとしてその名を知られる人物。世界中のボクシングファンから親しまれており、彼の存在はボクシング界の伝説として語り継がれている。病にかかり現役を引退したと思われていたが、その実息子とのスパーリングで惨敗したためであった。

物語に登場した時点で既に病に侵されていたが、もう一度息子のマホメド=アライJr.と戦うために激しいトレーニングを積んで体を鍛え直していた。取材に訪れた記者の目の前でスパーリングを行い「1分だけなら私は今でも世界王者だ」との名ゼリフを残した。

『バキ』の神の子激突編では格闘に対する認識の甘い息子マホメド=アライ.jrを指導すべく彼のいる日本に来日した(トレーニングをして鍛え直したのもその事が理由)。

ジャック・ハンマーや渋川剛気(しぶかわごうき)にぼこぼこにされ、立つのもやっとな息子にスパーリングを強要させる事で息子の戦闘に対する認識を改めさせることに成功した。

続きを読む

マスター国松

この記事を読むのに必要な時間の目安: 4分ぐらい

「大日本武術空道」の当主。柳龍光の師匠でもあったが何故か彼に左腕を奪われてしまい現在では疎遠になっている。空道という武術の性質上、自らを武術家ではなく殺法家だと認識している。そのため暗殺の依頼を受けることが多いらしく、徳川光成(とくがわみつなり)が空道について尋ねた際も暗殺の依頼でもする気かと勘ぐっていた。

徳川光成に対して随分偉そうに空道の解説をして自慢げに「鞭打」を披露してみせもしたが、「柳はもっと使えるんですね」と全く賞賛されていなかった(というより国松自身に興味を示していなかった)。

続きを読む

柳 龍光(やなぎりゅうこう)

この記事を読むのに必要な時間の目安: 4分ぐらい

マスター国松の一番弟子。その実力は師匠をも上回り国松の片腕を奪った張本人でもある。空道のあらゆる技を極めており、同じ達人タイプの渋川剛気よりもさらに優れた技量を持つ。渋川剛気(しぶかわごうき)がジャック・ハンマーと対決する以前、生涯で唯一敗れた相手だった。

他の4人の死刑囚と同じく「敗北を知りたい」との理由で刑務所の防弾ガラスを「空掌」を使用して破壊。逃亡を図った。

作中で刃牙に完全勝利した数少ない人物でありその力量は全登場人物の中でもトップラスであったが、夜の公園で本部以蔵(もとべいなぞう)と対決しまさかの苦戦を強いられた(というより敗北したに近い)。これは身に付けた技の一つである「毒手」に頼りすぎた事が原因であり本部にもその事を指摘されていた。

続きを読む

ヘクター=ドイル

この記事を読むのに必要な時間の目安: 4分ぐらい

5人の最凶死刑囚のうちの一人。「敗北を知りたい」という思いを抱き刑務所を脱獄。その後日本へとやって来た。手首と肘に刃物、腕にスプリング、胸に爆薬と体中に多様な武器を身に着けており、戦闘においてそれらを最大限活用する。

その何でもありの戦闘スタイルは大半の武術家にとっては予想外のもので、ロブ・ロビンソンや鎬昂昇(しのぎこうしょう)らを撃破した。しかし武器に対しても高い知識と経験を持つ烈海王には通用せず危うく破れかけた。

最終的に敵だった愚地克巳(おろちかつみ)と和解し船による亡命を図ろうとしたが、柳龍光(やなぎりゅうこう)にばれて制裁を受ける事になってしまった。右目を犠牲にして何とか逃げ切ったもののオリバに発見されてあえなく御用となった。

続きを読む

寂 海王(じゃくかいおう)

この記事を読むのに必要な時間の目安: 4分ぐらい

日本人で唯一『海王』の称号を持つ男。中国拳法・空拳道の使い手でその実力は中国本土の海王と比べても遜色無い。日本国内に2万人もの弟子を抱えており、単なる格闘家ではなく指導者という立場でもある。

弟子たちの育成により力を入れるため強い格闘家に会うたびに日本に来るようスカウトして回っている。口癖は「強いだけでは空しいぞ」。単なる一拳法家として強さに磨きをかける事よりも日本という国全体を配慮して行動するふしがある。

弟子の総数2万人と聞くと物凄い数に聞こえるが、愚地独歩(おろちどっぽ)が作った神心会空手の門下生が全国に100万人いる事を考えるとそれほど大した数字には思えなくなる。

続きを読む