麻仁アキオ(まにあきお)

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

OPBFスーパーウェルター級チャンピオンで、アマチュア時代からプロにかけて14戦無敗という輝かしい戦績を誇る。スーパーウェルター級のボクサーでありながら、階級的にはヘビー級に当たる烈海王(れつかいおう)とスパーリングをするという無謀な挑戦をしている。

身体能力やボクシング技術だけでなく非常にクレバーな戦闘論理を持っていたが、烈海王とのスパーリングは一撃のもとにKO負けを喫した。

基本情報

  • 年齢:20歳後半(推測)
  • 身長:170cm前後(推測)
  • 体重:65kg前後
  • 国籍:日本

戦闘スタイル

戦いにおいて(厳密に言えばボクシングの試合において)合理性を重要視して戦う。相手の戦力は体勢を見たうえで合理的に考えて攻撃方法や威力を判断している。しかし実力で遥か上を行く烈海王に対しては「合理的じゃない」と言いながらあっさり敗北した。

ステータス・チャート

麻仁アキオ ステータス

  • 身体能力
  • 4点。スーパーウェルター級ということもあり、一線級の肉体を誇っていない。さらに一目見ただけで烈海王が自分と比べて圧倒的に格下であると断言している。

  • 経験
  • 3点。スーパーウェルター級チャンピオンとは言え所詮は競技の中の話し。しかもプロとしてのキャリアもわずか14戦しかない。

  • 知識
  • 5点。クレバーな性格なのでそれなりに知識には長けているだろう。

  • 性格
  • 4点。烈海王の散々の注意・警告にも関わらずリングに上がってしまった。人の言う事に耳を傾けていれば痛い思いをせずに済んだものを。

  • 戦闘技術
  • 5点。身体能力よりも戦闘技術に優れたボクサーなのだろう。

  • 分析能力
  • 6点。ボクシングスタイルを聞く限りそれなりの分析能力があるようだが、構えに入る前の烈海王を見てもその強さを理解できていなかった。

スポンサード リンク

シェアして頂けると嬉しいです

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事を面白いと思って頂けたましたら、是非ソーシャルネットワークでシェアしてください。シェアして頂けると管理人が喜びます。