範馬勇一郎(はんまゆういちろう)

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

範馬勇次郎(はんまゆうじろう)の父親。バキシリーズの最終章『範馬刃牙』において親子対決の最中、幽霊として孫である刃牙の前に登場した。息子の勇次郎とは正反対の性格をしており非常に教育熱心だったらしい。ただ勇次郎の言動を見る限り教育熱心だった父親の姿は全く見えてこない。

範馬の血筋を引くだけあって息子同様に人間離れした戦闘力を保持しており、太平洋戦争終戦直後は沖縄の近くにある小島で一人で米国軍と戦闘を繰り広げていた。普通では到底考えられないが、そこら辺がバキシリーズ・クオリティで遂には米国の戦艦アイオワを占領し米国に勝った男になった。

そのあまりの手強さに現場の指揮官が本国へ原子爆弾の使用を打診したほどだった。

基本情報

  • 年齢:故人
  • 身長:180cm前後(推測)
  • 体重:100kg以上(推測)
  • 国籍:日本

戦闘スタイル

範馬家特有の身体能力を持っており打撃技や投げ技に秀でている。特に投げ技の威力は強力で投げられた相手はもちろん、その先にいる人間にも致命的な打撃を与える。また人をヌンチャクのように振り回す技を得意としており、これを見た米国の兵士から「ドレス」という名前を付けられた。

ステータス・チャート

範馬勇一郎 ステータス

  • 身体能力
  • 10点。肩の筋肉が異様に発達している。初めてその姿を見た刃牙はその肉体を見て驚愕していた。何よりも範馬の血筋を引いているという時点でこの作品の中では最大級の身体能力を持っていることを意味する。

  • 経験
  • 9点。米国軍に対して一人で戦闘を挑んだ人物は他にいないだろう。満点にしたい所だがその他の戦闘経験がどのくらいあったのか分からないため減点した。

  • 知識
  • 8点。教育熱心だった事を考えると真面目な男だったのだろう。であれば学校の勉強も真面目に受けていただろう。勇次郎や刃牙もそうだが肉体の強さだけでなく、武術全般に対する知識もちゃんと持っているのが範馬家の特徴だ。

  • 性格
  • 8点。勇次郎が「自分とは正反対の性格」だと言っている。刃牙の目の前に出てきた言動を見ても穏やかな人間であることがうかがえるため、勇次郎のようや野蛮な人間では無かったのだろう。

  • 戦闘技術
  • 10点。あの勇次郎が範馬家の誇りとして「ドレス」を受け継いでいる。それだけこの技が洗練されたものだったからだろう。そしてそれは孫の刃牙へと受け継がれることになった。

  • 分析能力
  • 8点。優れた格闘家であることを考えると当然、分析能力にも優れた人物だっただろう。

スポンサード リンク

シェアして頂けると嬉しいです

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事を面白いと思って頂けたましたら、是非ソーシャルネットワークでシェアしてください。シェアして頂けると管理人が喜びます。