稲城文之信

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

日本拳法の使い手。「武術とは弱者が強者に立ち向かうための技術」を再現した日本拳法を背負って立つ人物であり、彼が所属している館長は試合前「稲城の負けは単なる一個人の敗北ではなく日本武術全体の敗北を意味する」とまで言われたが、トーナメントでは一回戦で敢え無く敗れた。

基本情報

  • 年齢:25歳前後(推測)
  • 身長:170cm前後(推測)
  • 体重:70kg前後(推測)
  • 国籍:日本

最大トーナメントにおける戦績

一回戦で花山薫と対戦。強者に対抗する武術の術を見せつけるはずが、花山の圧倒的なパワーの前に技術など全く通用せず敗れてしまった。致命的なダメージを受けながらも関節技をかけようとして、トドメの一撃を刺される姿は「敗者」そのものだった。

ステータス

稲城文之信 ステータス

  • 身体能力
  • 5点。日本拳法の代表的な人物なのだからそれなりの身体能力はあるだろう。ただし背丈はそれほど大きく無く、筋肉も必要以上に巨大では無かった。あくまでも武術で戦う人だったのだろう。

  • 経験
  • 2点。花山戦の醜態を見る限り豊富な戦闘経験はないだろう。

  • 知識
  • 4点。若さゆえ格闘技に対する知識はさほど身に付けていないだろう。ただ作中からは決定的な証拠となる場面は無い。

  • 性格
  • 6点。爽やかなハンサムボーイと言った雰囲気。悪い人では無さそう。

  • 戦闘技術
  • 4点。それなりの技量はあるのだろうが、作中では「ただの弱い人」だった。

  • 分析能力
  • 3点。圧倒的なパワーを誇る花山に有効な対応策を講じることができなかった。

スポンサード リンク

シェアして頂けると嬉しいです

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事を面白いと思って頂けたましたら、是非ソーシャルネットワークでシェアしてください。シェアして頂けると管理人が喜びます。