神心会空手

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

愚地独歩が作った格闘団体で日本全国に100万人の門下生がいる。この規模は世界の格闘団体の中でも最大規模のもので、そのため多くの優秀な空手家を輩出した(とは言っても数人だが)。都内だけでも門下生の数は5万人にのぼるため、一たび特定の人物を探そうと思えば警察組織よりも迅速に発見することが出来る。

物語の中盤、最大トーナメントにおいて館長である愚地独歩が準々決勝で渋川剛毅に敗北したのをきっかけに神心会空手から脱退(息子の克己が敗北したのも大きな要因となった)。

後継者として愚地克己が館長の座に就くことになった。

主な神心会空手に属する人物

  • 愚地独歩
  • 神心会空手の創始者。神心会空手を作った時は地下闘技場の正ファイターの一人だったが「後進に道を譲る」との理由から地下闘技場から引退し空手の指導に専念していた。しかし生来の格闘好きのため、最大トーナメントをきっかけに神心会を脱退して自らの武術を極める方向に走った。

  • 愚地克己
  • 愚地独歩の一人息子として幼少のころから空手を叩きこまれていた。その才能は父である独歩を遥かに凌いでいたがカリスマ性では及ばず、館長の座に就いた当初は自分自身で任に余ると自覚していた。

  • 加藤清澄
  • 本作に登場した際、愚地独歩からは「数年前までうちで最強の門下生」だと評されていた。そのため神心会復帰後は門下生最強かと思われたがその後、愚地克己が登場したため強いイメージが吹っ飛んでしまった。一時「顔面も殴れない空手」に飽きて裏社会で用心棒をしていた。

  • 末堂厚
  • 加藤清澄と同期で本作において最初に登場した刃牙の相手。加藤清澄がいなくなった神心会においては最強の座をほしいままにしていたが、当時すでに地下闘技場のチャンピオンだった範馬刃牙には歯が立たなかった。

スポンサード リンク

シェアして頂けると嬉しいです

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事を面白いと思って頂けたましたら、是非ソーシャルネットワークでシェアしてください。シェアして頂けると管理人が喜びます。