百林寺(びゃくりんじ)

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

山奥にある中国拳法を継承する寺で劉海王が師範を務めている。中国拳法界でも名門として一目置かれる存在で、ここ最近も欧米人初の海王となったドリアン海王や中国拳法史上最高の逸材と呼ばれる烈海王などを輩出している。

師範である劉海王は武人として中国全土にその名を知られる人物であり、中国大擂台賽に出場した際も盛大な拍手で出迎えられていた。

百林寺の出身者

  • 劉海王
  • 百林寺の師匠。作中の言動を見る限り強いだけでなく人格者でもあるが、武術に関しては徹底した実力主義者。烈海王が海王になる前「自分に海王の称号を与えないのは素行の問題か?」と劉海王に迫った時は実力が不足しているだけと一蹴した。

  • 烈海王
  • 百林寺が輩出した中国拳法界の至宝。4歳で百林寺の門を叩き、その卓越した才能から百林寺の出身者ではない郭海皇(かくかいおう)などからも教えを受けていた。師匠である劉海王とは百林寺を離れた現在でも交流がありかつての師として敬意を払っている。

  • ドリアン海王
  • 百林寺の出身者で欧米人初の海王となったが劉海王曰く「許されざること」をして百林寺を抜け出す。若き日の烈海王はこのドリアンと比べられ力量不足だと言われた。最凶死刑囚編でお互いが出会う機会があり、その時に烈海王はドリアンの正体に気付いた。

スポンサード リンク

シェアして頂けると嬉しいです

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事を面白いと思って頂けたましたら、是非ソーシャルネットワークでシェアしてください。シェアして頂けると管理人が喜びます。