無呼吸打撃

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

スペックの技で無呼吸の状態で打撃を連打するというもの。連打の速度が非常に速く、かつ相手がぼこぼこになるまで長時間に渡って殴り続けるためスペックが一度この技を繰り出すと随分厄介なことになる。

殴る時にどうして無呼吸状態になるのかは不明。おそらく殴る事に集中し過ぎて息をすることを忘れてしまうのだろう。

よくよく考えてみると技でもなんでもないただの連続パンチだとも言える。

この技を使う人物

■スペック

実は齢90を超えるおじいさん。そんなに息を止めているとそのまま死んでしまわないか心配になるが、意外と強靭な肉体を持っているようで無呼吸打撃を行っても何とか生きながらえるだけの体力がある。

この技を使われた人物

■花山薫

作中で唯一、無呼吸打撃の餌食になった人物。無呼吸打撃は本来、相手が瀕死(もしくは絶命)状態になるまで続けられる技だが、花山は意識を失うことすらなく反撃に出た。花山薫には無呼吸打撃は通じなかった。

■自由の女神

人では無いが無呼吸打撃の犠牲となった建造物。しかし専門業者の方の夜通しで行われた懸命な修復作業により像の倒壊は免れた。あんなことをして器物損壊罪で逮捕されないのだろうか。

スポンサード リンク

シェアして頂けると嬉しいです

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事を面白いと思って頂けたましたら、是非ソーシャルネットワークでシェアしてください。シェアして頂けると管理人が喜びます。