最凶死刑囚が最大トーナメントに出たらどうなるか?

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

バキシリーズの第二部『バキ』で登場した五人の最凶死刑囚が最大トーナメントに出場したらどうなるのか。それぞれ戦力が異なるため一概には言えないので、個別に検証していこうと思う。

五人の最凶死刑囚

  1. 柳龍光(やなぎりゅうこう)
  2. 恐らく五人の最凶死刑囚の中で最強。かつて渋川剛気(しぶかわごうき)との対決で勝利を収めていることを考慮すると最低でもベスト4には食い込むだろう。加えて最初の対決ではトーナメント王者である範馬刃牙(はんまばき)に対して完勝しているため優勝してもおかしくないだろう。

    ただし柳の空道がジャック・ハンマーに通用するかどうかは微妙。

  3. シコルスキー
  4. ジャックや刃牙にには敗れたものの、リザーバーとして三回戦に登場したアレクサンダー・ガーレンを倒している。トーナメントの組み合わせ次第ではあるが、三回戦(準々決勝)くらいまではいくのではないか。しかし同じく三回戦に進出した愚地独歩(おろちどっぽ)や愚地克巳(おろちかつみ)と比べると実力で劣るだろう。

  5. スペック
  6. 三回戦に進出した猪狩完至(いがりかんじ)には勝利したが、二回戦で敗退した花山薫(はなやまかおる)には激戦の末敗れている。実際、猪狩の実力で三回戦に進出出来たのは組み合わせが良かった点が大きく、逆に二回戦で克巳と対戦してしまった花山はかなり悪い組み合わせだったと言える。

    それを考えるとスペックは良くて三回戦、悪ければ二回戦止まりと言った所だろう。

  7. ヘクター・ドイル
  8. 恐らく武器が使用出来ない最大トーナメントにおいてはドイルが最も弱いだろう。彼の戦闘スタイルは武器の使用が前提にあるからだ。ドイルは烈海王(れつかいおう)、克巳に対して事実上敗北しており、加えて鎬昂昇(しのぎこうしょう)には勝ったものの武器の使用が前提だった。

    一回戦で敗退したロブ・ロビンソンを倒しているものの、ロビンソンはトーナメント出場者の中でも最弱クラスなことを考えるとせいぜい二回戦進出が関の山だろう。

  9. ドリアン
  10. ヘクター同様に武器の使用が目立つが一応は百林寺の出身で中国拳法を修めている。海王の称号を得るほどの使い手だったことを考えるとそれなりに上位へと勝ち上がるだろう。ただし愚地独歩に対しては武器を使用する間もなく圧倒されていたので準決勝まで進出する可能性は無いだろう。

まとめ

基本的には愚地独歩や愚地克巳が敗退した三回戦を突破出来る死刑囚は柳を除いてはいないと考えられる。そう考えると少なくとも準決勝までは到達するだろう柳の実力は他の死刑囚と比してずば抜けていたと言える。

スポンサード リンク

シェアして頂けると嬉しいです

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事を面白いと思って頂けたましたら、是非ソーシャルネットワークでシェアしてください。シェアして頂けると管理人が喜びます。