日に30時間の鍛錬

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

ジャックハンマーの練習風景を表した言葉。当然のことだが一日は24時間しかないため、この言葉は矛盾している。しかしそうした矛盾するほど果てしないトレーニングを積んだことで(プラス特製のステロイドのおかげ)ジャックハンマーは範馬刃牙にも匹敵するほどの使い手に成長した。

具体的に

ジャックハンマーのトレーニングはとにかく長い。毎日精神が肉体を凌駕した状態らしく、そのためバーベル一つ持ち上げるにしても自分の限界を超えた重さを延々と持ち上げ続けている。その時間が24時間を超えて30時間ほどになるらしい。

この後ジャックハンマーは家に帰宅して6時間睡眠し、その後再びジムに言ってトレーニングを再開する。

一流アスリートや野球の名門校の練習など比にならないほどの練習量だと言える。

疑問

凄まじい練習内容ではあるがその一方で大きな疑問がある。

仕事はどうしているのだろうか?

ジャックハンマーの家は範馬刃牙とは違い裕福ではなく、むしろ母親のダイアン・ニールは範馬勇次郎の件で囚人になっていたほどだ。そのことを考えると仕事をしなければ生活していけないはずだ。

一人暮らしをしていたことを考えれば家賃はもちろん、24時間で営業しているジムの月額の会員費などが必要になることを考えると、とても仕事をしていなければお金はかなり必要なはずだが。

スポンサード リンク

シェアして頂けると嬉しいです

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事を面白いと思って頂けたましたら、是非ソーシャルネットワークでシェアしてください。シェアして頂けると管理人が喜びます。