散眼

この記事を読むのに必要な時間の目安: 2分ぐらい

カメレオンのように左右の眼を別々に動かすことで相手のあらゆる動きに対応できるようになる。発祥は古来のインド拳法で僧侶たちによって編み出された。近接戦闘では極めて有効な技であるが、見た目が物凄く悪いため長い間使用すると読者の人気を失いかねない危険性を持っている。

友達から嫌われたい方や、むかつく上司に不快な思いをさせたい方は是非習得をお勧めする。

この技を使う人物

■愚地独歩

地下闘技場で行われた範馬勇次郎との戦いで使用した。本気の力を出す前の勇次郎の連撃を全て防ぎきることに成功した。本気を出していないとはいえ本人曰く「猛獣を屠り去った連撃」らしく、これを全て防ぎきるとは大したものだ。

この技を使われた主な人物

■範馬勇次郎

猛獣の連撃を全て防がれたことで多少の動揺(というか驚き)があった様子。その直後、愚地独歩の連続攻撃を喰らうことになる(全くダメージを受けなかったが)。

スポンサード リンク

シェアして頂けると嬉しいです

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事を面白いと思って頂けたましたら、是非ソーシャルネットワークでシェアしてください。シェアして頂けると管理人が喜びます。