マホメド・アライJr.

この記事を読むのに必要な時間の目安: 3分ぐらい

偉大なるボクシングヘビー級王者マホメド・アライの息子。父親より格闘技の才能を受け継いでおり、マホメド・アライが現役時代に完成させることの出来なかった全局面闘法「モハメド・アライ流拳法」を完成させた。

そのため全面の攻撃だけでなくマホメド・アライが現役を通して克服する事が出来なかった直下の相手に対しても対応出来るようになっている。その格闘センスは多くの人間の認めるところで、地下闘技場で範馬刃牙(はんまばき)と対戦する際、愚地独歩(おろちどっぽ)や渋川剛気(しぶかわごうき)は
マホメド・アライJr.が勝つと断言していた。

  • 年齢:20歳前後(推測)
  • 身長:180cm前後(推測)
  • 体重:80kg前後(推測)
  • 国籍:アメリカ

戦闘スタイル

モハメド・アライ流拳法を駆使して戦う。いわゆる通常のボクシングとさほど変わらないが、大きく異なるのはその攻撃範囲の広さで足運びを効率的に行うことでパンチによる攻撃範囲を拡大することに成功している。

人間関係

来日してからは愚地独歩(おろちどっぽ)や渋川剛気(しぶかわごうき)、ジャック・ハンマーらと対決していた。また刃牙の彼女である松本梢江(まつもとこずえ)に会うや否やその虜となってしまい、刃牙との対決では最強の称号と恋人を手に入れるために戦っていた。

ステータス・チャート

マホメド・アライJr. ステータス

  • 身体能力
  • 9点。ビスケット・オリバのような怪力男と比べるとパワーでは劣るが、その分をスピードで補っておりさらには長い手足で広い攻撃範囲を持っている。この点でも父親より優れたセンスを持った格闘家だと言える。

  • 経験
  • 5点。ボクシングの試合やスパーリングだけでなく、中国大擂台賽に出場するなど競技以外の戦いの場も経験している。しかしその絶対数が少なく独歩や渋川に対してそこを突かれ敗北した。ただしそういった事もあって作中で飛躍的に成長を遂げた。

  • 知識
  • 6点。「モハメド・アライ流拳法」を完成させるために父親以外からも格闘技に関して勉強はしたはず。

  • 性格
  • 7点。陽気な性格で誠実そうな人柄。ただし対戦相手の刃牙からは「相手の命は奪うつもりなのに、自分の命は差し出していない」という甘い考えに激怒されていた。

  • 戦闘技術
  • 8点。ボクシングスタイルを基本に高い戦闘技術を兼ね備えている。中国大擂台賽でも中国拳法の最高峰である海王を軽々と退けていた。

  • 分析能力
  • 7点。ジャック・ハンマーが薬物を使用していることを知っても彼に対する評価を下げなかった。「ステロイドを使用すれば決勝に進めるほど最大トーナメントは甘いものではない」というのが彼の意見だったがまさしくその通りだ。

スポンサード リンク

シェアして頂けると嬉しいです

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事を面白いと思って頂けたましたら、是非ソーシャルネットワークでシェアしてください。シェアして頂けると管理人が喜びます。