マスター国松

この記事を読むのに必要な時間の目安: 4分ぐらい

「大日本武術空道」の当主。柳龍光の師匠でもあったが何故か彼に左腕を奪われてしまい現在では疎遠になっている。空道という武術の性質上、自らを武術家ではなく殺法家だと認識している。そのため暗殺の依頼を受けることが多いらしく、徳川光成(とくがわみつなり)が空道について尋ねた際も暗殺の依頼でもする気かと勘ぐっていた。

徳川光成に対して随分偉そうに空道の解説をして自慢げに「鞭打」を披露してみせもしたが、「柳はもっと使えるんですね」と全く賞賛されていなかった(というより国松自身に興味を示していなかった)。

基本情報

  • 年齢:65歳くらい?(予測)
  • 身長:165cm前後(予測)
  • 体重:50kg半ば(予測)
  • 国籍:日本

戦闘スタイル

作中での戦闘シーンは無かったが、空道の使い手であることから柳龍光と似たような戦闘スタイルだと考えられる、ただし「毒手」は持っていないので「鞭打」や「空掌」を用いて戦うことが予想される。

人間関係

殺人や大麻の吸引など法治国家である日本でやれば当然逮捕されるであろう事を平気でやっている。どうやら司法・警察関係者に知り合いが多いようで逮捕されないと高をくくっているかららしい。「大日本武術空道」の当主という立場上、権力者たちとそれなりの親交があるのかもしれない。

ちなみに表向きは世界各中の軍人や警官に対して武術指導の仕事をしている。

真の実力について

バキシリーズではその実力があまり分からなかったが、『バキ外伝 -疵面(スカーフェイス)-』ではグランドマスターの弟子であることが分かった。グランドマスターとの会話から彼よりも明らかに弱そうだった。

そのグランドマスターも戦闘能力で花山薫(はなやまかおる)に及ばないことを考えると、バキシリーズ本編ではマスター国松はあまり強くない部類に入ると考えられる。

仮に最大トーナメントに出場したら2回戦止まりが妥当なのではないか。

ステータス・チャート

マスター国松 ステータス

  • 身体能力
  • 4点。柳の師匠ということもありかなりの高齢であることが予想される。それに加えて左腕を欠いているため身体能力に関してはやや低いと考えられる。

  • 経験
  • 8点。格闘の機会よりも暗殺することのほうが多そうだが、それでも長年武闘家をやっていれば嫌でも経験豊富になるだろう。

  • 知識
  • 9点。何と言っても「大日本武術空道」の当主である。様々な技に精通しており知識も豊富。最凶死刑囚編で出演した際は本部顔負けの解説を行っていた。

  • 性格
  • 1点。かなり悪い。登場回数こそ少ないがそのわずかな時間で多くの読者から嫌われたことだろう。空道について質問する徳川光成に対して「あんたら素人さんは……」と言った見下した言い方を何度も繰り返していた。

  • 戦闘技術
  • 8点。柳には一歩劣るもののそれでも最強クラスの空道の使い手である。渋川剛気と戦わせてみたら面白いかもしれない。

  • 発想力
  • 6点。戦闘シーンが無いため判断に困る。ただ日常的に麻薬を吸引しているため妄想とも幻想とも分からない思想が頭の中を駆け巡っていそう。

スポンサード リンク

シェアして頂けると嬉しいです

最後まで読んで頂きありがとうございます。この記事を面白いと思って頂けたましたら、是非ソーシャルネットワークでシェアしてください。シェアして頂けると管理人が喜びます。